ヒデ夕樹とテレビまんが主題歌の黄金期

「ヒデ夕樹とテレビまんが主題歌の黄金期」は、早逝の歌手・ヒデ夕樹の生涯を、アニメソングの歴史と共に描く評伝本です。 ケンケンクリエイトより大絶賛発売中!書店ではお求めになれませんので、購入をご希望の方は今すぐアクセス!!
 

書籍の解説

img176.jpg

img032.jpg

明らかになる早逝の天才歌手・ヒデ夕樹の人物像!
昭和のアニメソング研究書の決定版がついに登場!


「海のトリトン」、「快傑ライオン丸」、「人造人間キカイダー」、

「キャプテンフューチャー」といったアニメソングの名曲、

また、日立グループのCMソング「この木なんの木」を歌った

天才歌手・ヒデ夕樹。その人物像は謎に包まれています。

彼はなぜ、これまで語られてこなかったのか?

彼はなぜ、忽然とアニメソングの世界から姿を消したのか?

彼はどんな人生を歩み、そして、どんな最期を遂げたのか?

関係者の証言と、残された資料をもとに、

昭和サブカルチャー研究家の剣持光が謎を解き明かしていきます。

 

また、ヒデ夕樹の活躍した1970年代は

日本コロムビアのアニメソングの黄金期でした。

当時それらは「テレビまんが主題歌」と呼ばれ、

多くの子どもたちに親しまれたものでした。

ところが、「テレビまんが主題歌」を中心にして

書籍で語られる機会もあまりありませんでした。

この本ではヒデ夕樹の生涯と、

テレビまんが主題歌の歴史を交差させながら、

そのジャンルがいかに発展し、

そしてなぜ絶滅危惧種となっていったか、

根本原因にも迫っていきます。

 

コアなファンに満足いただける本に仕上がっているはずです。

昭和のアニメソングファンがこれまで「なぜ?」と思っていた疑問が、

この一冊によって解消されることも多いでしょう。

アニソンファン感涙の書です。


通常版:1,540円(税込/送料無料)
CD付き豪華版:2,750円(税込/送料無料)

【出版元】ケンケンクリエイト
【発売日】2021年7月25日

 

2021.10.16 Saturday